【初心者向け】ブログ記事の書き方を8つのコツで簡単マスター!

ブログ初心者

ブログってどう書けばいいんだろう?
書くときの注意点やコツがわかればな…

ぱぱちん

今回は、こんな疑問にお答えします。

ブログを始めると記事を1つでも多く書いて、自分がもっとどうしたいか等の課題が見つかり調べて改善を繰り返すと思います。

とは言え、1つの記事を書くのに「どんな感じに書けばいいの?」と考えることもありました。

そこで今回は、ブログを始めて間もない初心者の方に向けて、記事を書くときに僕が意識しているポイントやコツをご紹介します!

こんな人におすすめの内容
  • ブログを書くコツを知りたい
  • ブログの書き方がよくわからない
  • ブログ記事の書くポイントを押さえたい

ご参考にしてもらえれば幸いです!

目次

ブログの書き方よりも1番意識したい重要なポイントはこれ!

ブログの書き方よりも1番意識したい重要なポイントはこれ!

まず初めに、ブログの書き方がどうこうよりも1番に意識したい重要なポイントをお伝えします!

それは、

『読者目線で記事を書くこと!』

自分の主張を一方的に書き続けるのではなく、読者の悩み解決やためになる情報を発信する必要があります。

ぱぱちん

ブログの記事は「読者目線」を1番に意識です!

ブログの書き方|全体のイメージを把握しておく

ブログの書き方|全体のイメージを把握しておく

ブログを書き始める前に、記事全体のイメージをざっくり把握しておくといいです!

ブログの記事は大きく下記の3つに分かれます。

  1. 導入文
  2. 本文
  3. まとめ

この3つを記事の全体イメージに当てはめてみると、次のような構成になります。

<H1>タイトル
導入文読者を本文に引き込む
<H2>見出し
本文タイトル記事で伝えたい内容
<H2>見出し
本文タイトル記事で伝えたい内容
<H2>まとめ
まとめこの記事を総括する
誘導分記事を読み終えた読者にして欲しい行動や関連記事へ誘導する
ブログの全体イメージ例
ぱぱちん

なんとなくイメージを把握しておけばOK!

ブログの記事を書く回数が増えてくると、だんだん自分の書き方が確立されたり改善されます。

その都度、過去の記事はリライトできますので、全体のイメージを把握しておけば大丈夫です!

ブログを書くときに意識したい3つのポイント

ブログを書くときに意識したい3つのポイント

僕はブログの記事を書くときに、次のポイント3つを意識しています!

  1. 読みやすい文章を書く
  2. 記事全体の構成を決めて書く
  3. 伝わりやすい文章構成を使って書く

なぜなら、先に紹介した『読者目線』で伝わりやすい記事を書くため!

ぱぱちん

読者に伝わらない記事は読んでもらえません…

ブログを書いて記事にするからには、誰かに読んでもらいお役に立てれば嬉しいですよね!

ぼくが意識している3つのポイントについて詳しく説明していきますので、参考になれば嬉しいです。

①読みやすい文章を書く

読みやすさを特に意識して文章を書きます!

なぜなら、読みやすいとブログ内にあるたくさんの記事が読まれる可能性があるから。

例えば、あなたが検索してたまたま開いたブログ記事が読みにくい内容だとします。すぐに離脱して別のブログ記事を読みにいきますよね?

読みにくい」=「ストレス」と感じたときに、それ以上ブログの記事が読まれることはないです。

ぱぱちん

読みやすい」=「読者目線」に直結します!

②記事全体の構成を決めて書く

ブログ記事全体の構成を決めて書くといいですよ!

なぜなら、記事全体の構成がイメージできてスムーズに書けるから。

仮に、全体の構成を決めずに書き始めた場合、「途中で記事の書き直しが必要になった!?」「どう書いていいかわからなくなった!?」など、1つの記事を書くのに時間がかかります…

ぱぱちん

時間がかかると、ブログを継続するモチベーションに影響しますよ!?

ぼくは、次のような記事全体の構成を意識していますので、参考にチェックしてみてください!

  • 読者が「悩むテーマ」や「解決内容」が明確か?
  • 同じ説明や重複した情報がないか?
  • 記事全体の流れはわかりやすいか?読みやすいか? etc.

③伝わりやすい文章構成を使って書く

伝わりやすい文章構成を使って書くと「伝わりやすい」・「読みやすい」記事になります!

今回は、多くのブログ記事で使われている代表的な文章構成として「PREP法」をご紹介しますね。

PREP法とは?

結論(Point)』→『理由(Reason)』→『具体例(Example)』→『結論(Point)』の順番で展開する文章構成

結論から入りますので、相手に内容が伝わりやすいのが特徴です。

実際に、「PREP法」を使った文章は次のようになります。

結論(Point)ブログを書くときはPREP法を意識しましょう。
理由(Reason)なぜなら、読者にわかりやすく伝わるからです。
具体例(Example)結論から入ると、読者は記事の主張を理解しながら読み進めれます。
結論(Point)だからブログを書くときはPREP法を意識しましょう!
PREP法の例文
ぱぱちん

伝えたい結論から入ると、理解してもらいやすいですよね!

ブログ初心者の人は「PREP法」を意識すると、読者に伝わりやすい文章が書けるのでおすすめ!

ブログの書き方を【8つのコツ】で簡単マスター!

ブログの書き方を【8つのコツ】で簡単マスター!

ここからは、ブログの書き方のコツについてご紹介します!

ぼくがブログを書く上で意識しているコツは、次の8つです。

  1. タイトル・見出しに「キーワード」を入れる
  2. 「です・ます」調で語尾を統一
  3. 同じ語尾を連続しない
  4. 簡潔に書く
  5. 難しい表現を避ける
  6. 画像や箇条書きをつかう
  7. 漢字・ひらがな・カタナカ・数字のバランスを確認
  8. 時間を置いてチェックする

順番に説明しますので、ぜひご参考にしてください!

①タイトル・見出しに「キーワード」を入れる

選んだ「キーワード」は、タイトル・見出しに入れるよう意識しています!

なぜなら、記事や各見出しの内容を読者に伝えるため。

また、検索エンジンに伝える意味もあり、SEO的にもキーワードの挿入は意識しておくといいです。

例えば、「ブログ_始め方」をキーワードとした場合は、次のようになります。

タイトル(H1):ブログ始め方|初心者向けに解説
見出し(H2) :ブログ始め方4ステップ

無理やり入れると、読者にわかりにくい記事になるので注意。

ぱぱちん

自然な表現で「キーワード」を入れるように意識しています!

②「です・ます」調で語尾を統一

僕は、文章の語尾を「です・ます」調で統一するように意識しています!

なぜなら、語尾を統一しておかないと読者が違和感を感るから。

例えば、次の2文を見比べてください。

  • 私はミカンも好きですが、バナナも好きである
  • 私はミカンも好きですが、バナナも好きです

1文目は、違和感ありありですよね…。

ぱぱちん

読者は違和感を感じると、記事の続きを見なくなるかも!?

です・ます」調で統一しておくと丁寧なイメージもありますので、おすすめですよ!

③同じ語尾を連続しない

文章を書くうえで、同じ語尾を連絡しないように意識しています!

なぜなら、同じ語尾をくりかえすと、日記を書いているような文章になるから。

例えば、次の文章をみてください。

  • 私はミカンが好きです。とても甘いからです。バナナも好きです
  • が私はミカンが好きです。とても甘いから!バナナも好きですね

実際に読んでみて、いかがでしょうか?

ぱぱちん

語尾を変えるだけで、読みやすい文章になりますよね!

文章の語尾サンプル例を下記にのせていますので、参考に使ってください。

文章に使える語尾サンプル(一部)
  • です
  • ます
  • ですよ
  • ですよね
  • しましょう
  • してくださいね etc.

④簡潔に書く

できるだけシンプルで簡潔に書くように意識しています!

なぜなら、長文になると読みづらくて内容が伝わらないから。

次の2文を比較してみてください。

  • ブログの記事を書くときは、いかに読者が読みやすいと思えるかがとても大切です。
  • ブログ記事は、読みやすさが大切です。

簡潔に書いても同じ内容が伝わりましたよね。

簡潔に書く」=「読みやすい」→読者の負担を減らす伝わりやすい文章になりますよ!

ぱぱちん

記事をリライトする時に、もっと簡潔に書けないか見直しています

⑤難しい表現を避ける

ぼくは、難しい表現や専門用語を避けて書くようにしています!

なぜなら、読者にとって理解できない内容になるから。

読者の問題を解決するために、分かりやすい表現で伝える必要があります。

大事な用語を使う場合は、下記のような解説をつけるなどの工夫をしています!

SEOとは?

検索エンジン最適化」の略語。検索エンジンに対するWEBページの評価を高めること。特定のキーワードで検索された場合にWEBページが上位表示されやすくなります。

⑥画像や箇条書きをつかう

文章だけが続く内容にならないよう、まとめれる場合は「画像」や「箇条書き」をつかうように意識しています!

なぜなら、読者にとって視覚的にも読みやすくて、内容がイメージしやすいから。

ぱぱちん

ワンポイントになり伝わりやすい記事になりますよ。

という感じで、ぼくは「吹き出し」や「リスト化」をよく活用しています!

⑦漢字・ひらがな・カタナカ・数字のバランスを確認

読みやすいブログを書くために、漢字・ひらがな・カタカナ・数字のバランスを意識しています!

なぜなら、漢字ばかりは読みにくい、ひらがなばかりは中身がないイメージを読者にあたえるから。

実際に、以下の例文を読み比べてみてください。

  • 今日は一時間記事を書いた。一日後に内容確認する予定。
  • きょうはいちじかんきじをかいた。いちにちごにないようかくにんする予定。
  • 今日は1時間ブログを書いた。1日後に内容チェックする予定。

どうでしょうか?パッと見ても、上の2文は見づらいですよね…

どちらかと言うと、漢字ばかりの文章になる可能性が高いので、最終チェックのときに、ひらがなや数字表記にかえたりしています!

ぱぱちん

漢字が5つ以上連続しないように意識しています!

⑧時間を置いてチェックする

ブログ記事を書き終えてすぐに投稿しないで、時間をおいて最終チェックしています!

なぜなら、あとで確認してみると、誤字脱字や気になる点が見つかるから。

時間をおいてチェックすると、修正点が見つかって、より読みやすい記事ができちゃいます。

ぱぱちん

ぼくは翌日か半日後に最終チェックしています!

【まとめ】ブログは『読者目線』で書くうちに伝わりやすさを自然に意識する!

【まとめ】ブログは『読者目線』で書くうちに伝わりやすさを自然に意識する!

おつかれさまでした!

今回はブログ初心者の方に向けて、記事を書くのに僕が意識しているポイントや8つのコツについて紹介しました!

いろいろと説明させて頂きましたが、まとめて1番お伝えしたいのは以下になります。

『読者目線で記事を書くこと!』

読者目線』を意識して、何記事も書いているうちに、自然と伝わりやすさを求めて試行錯誤するはずです!

完璧に書く必要はありません。何度でもリライトできますので、まずは『読者目線』だけを意識して、記事を書くのに集中するのをおすすめします。

ぱぱちん

この記事も何度もリライトしていますよ!

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる